バードカービングへの誘い

蔵本芳弘君(1組)からの投稿です。

写真はヤマガラ

月に1回、同好会で楽しんでます。新潟市内に白鳥飛来、日本一の沼があり道路から10mの近くで白鳥を見ることができます。
先日は佐渡で朱鷺を見ました。今まで14作品を作り、昨年は展示会に出展しました。

投稿メールより

作品集

写真をクリックすると拡大表示されます。
また、写真の左右をクリックすると連続して見ることができます。

翡翠カワセミ

展覧会出品作品

絶滅危惧種ヘラシギ

オオルリがビールを飲んでる?

※この作品集の精細版をこちらLinkIconにアップしています。
一見の価値あり!!

第17回 全国バードカービングコンクール 1位受賞

上野の都立美術館で開催されている第17回バードカービングコンクールで
ビギナークラスAグループ(水辺の鳥)でブルーリボン(1位)を受賞しました。


作品写真
第17回全国バードカービングコンクール ビギナークラス Aグループ(水辺の鳥)
ブルーリボン(1位)受賞作品
「小春日和」
絶滅危惧種ヘラシギ


「しんばし、はしご酒」

                  蔵本芳弘(1組)

 上野の東京都美術館で開催された「全日本バードカービングコンクール」に実力を知るため初めて挑戦した。会社を休み“ヘラシギ”を搬入した。同館で開催中のウフィツィ美術館展を見た。
 4時頃、銀座の天賞堂でコリンスキーの面相筆を買った。
 コリドー街に移った「かがやき」を覗いた。佐古出身の御夫婦が「えっとぶり」と迎えてくれた。開店前だが生ビールを1杯飲ませてもらった。
 新橋駅前ビルの立呑「庫裏」で村上“大洋盛”の蔵元がPR中だった。飲んで話が弾んだ。まだ早いので烏森神社に近い「菊姫」で“ひやおろし”を飲んだ。祇園の板場割烹みたいな雰囲気でほろ酔いになった。
 6時半、銀座「佃喜知」を教えてもらった会社の先輩と「蛇の新」で飲んだ。鰻の寝床の様な店だ。〆鯖が美味い。コロッケ、卵焼など名物を鱈腹食って飲んで片手いかない。なぜか心和む店だ。のれんはN響が寄贈した。壁に太宰治の写真と岡本太郎が藁半紙に描いた画があった。その上に吉永小百合の色紙が飾られていた。
 先輩の店に行った。酒に詳しい新潟出身のママが一人で切盛りする「和久井」という店だ。新橋3丁目、柳通りの路地にある小体な呑み屋だ。鮭とばで麒麟山を2杯飲み、終電で新潟に帰った。

 搬出の日は昼に池之端藪蕎麦で熱燗を1本飲んだ。5時にコリドー街路地裏の立呑み割烹「しまだ」で徳島のフィッシュカツをつまみに獺祭を飲み、近くの「Rock Fish」で伝説のハイボールを飲んだ。
 6時に京急蒲田の居酒屋「大とし」で会社の同期4人が御祝いしてくれた。受賞作を前に美酒で酔い痴れた。8時、元住吉の「シフク」で息子達と鶴齢を飲み泥酔した。

 コンクールはビギナークラスAグループ(水辺の鳥)のブルーリボン(1位)だった。初応募はビギナーからで初級、中級、上級、マスターとなる。正確さと技術力、芸術性が評価される。初挑戦でブルーリボンは快挙だと言われた。

 世界大会への道のりはまだ遠い。